みんなの家のロゴ 岩沼市みんなの家 by infocom

みんなの農産物

2016/12/20

みんなの直売!野菜 『ほうれん草』レシピ追加♪

からだによい★ほうれん草
 
ほうれん草は「気(き)」や「血(けつ)」を作り出す作用があり、貧血、痔を改善します。
また、体を潤し、口の渇きや便秘に効果があります。ドライアイや目の疲れにも。
カロチンやビタミンB2、ビタミンCが豊富です。
 
foods_hourensou
≪保存のコツ≫
葉先が乾かないよう湿らせた新聞紙で包み、ビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室へ。立てて保存します。
かために茹で、ラップで包み冷凍保存も可能です。
 
≪おすすめ調理法≫
ほうれん草はとにかく鮮度が命。
鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を加えて茎の部分から入れていきます。
約2分茹でたら、水にさらしてアクを抜き、絞って水気を切ります。手早く一気に、がポイントです。
 
≪おすすめレシピ≫
貧血気味に!ほうれん草と長いものリゾット
増血・止血作用があるほうれん草、浄血作用がある玉ねぎで、疲れやすく肌にツヤがない、貧血気味といった症状の改善に良いメニューです。また、リゾットは消化吸収を高めてくれます。

[主材料](2人分)
ほうれん草 3株
長いも 150g
玉ねぎ 1/2個
米 1カップ
松の実 大さじ1

[調味料A]
オリーブオイル 大さじ1と1/2
白ワイン 大さじ2
鶏がらスープ 3カップ(600cc)
塩 少々
こしょう 少々

[作り方]
①ほうれん草は熱湯に塩を入れサッと茹で、長さ2~3cmに切る。長いもは皮をむいて1cm角に切り、玉ねぎはみじん切りにする。
②鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎを弱火でしんなりするまで炒める。米は洗わないで加え、透き通るまで炒め、白ワインを振る。鶏がらスープの半量を注ぎ、かき混ぜながら煮る。
③水分がなくなったら残りの鶏がらスープと長いもを加え、米に芯が少し残る程度に煮上げる。
④③にほうれん草を加えて全体に混ぜ、塩、こしょうで味を調える。
⑤器に盛り、松の実を散らす。

・調理時間 約30分

(text & recipe, general editor 和快

関連記事

PAGE TOP へ