みんなの家のロゴ 岩沼市みんなの家 by infocom

みんなの農業IT

2015/07/21

みんなのイチジク!

岩沼みんなの家では、八巻さんご協力のもと「イチジク」のモニタリングを行っています!
IMG_2105

このイチジク、八巻さんの行っている六次産業化事業の一環で2014年5月に定植を行い、
約1年をかけて枝がのび、葉も大きく育ちました。
(2014年5月)
DSC_0898
(左:2014年10月、右:2015年5月)
DSC_0981 DSC_0647

育つ途中では除草作業も必要となります。
苗木と苗木の間はトラクターで草を掘り起こしますが、苗木の根本は人の手で草取りを行います。
インフォコム社員も毎年行っている田植えとともにお手伝いさせて頂きました。
IMG_1844 IMG_1846

昔はどの家の庭先にもイチジクの木がありました。
大震災で甚大な被害を受けましたが、津波にも負けず残ったイチジクがあったといいます。
そこで六次産業化と組み合わせ、イチジクを岩沼の新しいブランドにしようという取組が始まりました。

岩沼みんなの家では、岩沼の農業×ITを模索し、
2013年11月、協和エクシオ様のご協力のもとモニターとしてみんなの家に
農地モニタリングデバイスフィールドサーバを設置しました。
そして、2015年5月にいよいよ農地へと八巻さんの管理する「イチジク畑」に設置させて頂きました。
IMG_1806 DSC_0653

2016年以降、イチジクを千年希望の丘の麓の農地に移植する予定となっており、
岩沼みんなの家では、フィールドサーバと2015年5月末に採択が決定した平成27年度 復興庁「新しい東北」先導モデル事業
「千年希望の丘」岩沼復興アグリツーリズム
とを絡め、イチジクのモニタリングを通して農業ITシステムの構築を検討しています。

「千年希望の丘」岩沼復興アグリツーリズムの中で育てた作物を
遠隔地からでも自分の目で見ることが出来る、
そんな“繋がり”を大事にしたシステムを目指します!

(text by Ucchi)

PAGE TOP へ